オキシポロン(オキシメトロン)通販最安値・個人輸入価格

販売価格 送料
オオサカ堂 4,132円 無料
メデマート 4,780円 1,000円
ベストケンコー 4,880円 無料
あんしん通販マート 5,120円 700円
薬の通販オンライン 5,480円 700円
アスケイン 6,380円 500円
ガルショップ 7,180円 1,000円

※為替レートなどによって販売価格は変更となることがあります。

オオサカ堂でオキシポロンを購入するのが一番お得!

オキシポロン(オキシメトロン)は「オオサカ堂」という通販サイトで購入するのが最もお買い得。1本60錠を4,000円ほどで購入できます。1錠あたり70円ほどで買えるのでまさに激安価格です。

オオサカ堂は送料無料のため、オキシポロンの商品代金以外の支払いは不要です。

オキシポロンについて、オオサカ堂には500件以上のレビューがあります。ほとんどの人が商品に満足しているので安心してお買い求めください。

オキシポロンをオオサカ堂で格安購入する

オキシポロンの口コミ評判・評価レビュー【2ch・5ch・Twitter】

2chユーザー

リピーターです。筋力トレーニングと一緒に使用すると、確実に筋肉がついて、さらに精力が向上します。副作用も懸念されますが、アナボリックステロイドの中では一番良い商品かと思います。

2chユーザー

現存するステロイド製剤で人気No1も納得です。オキシポロンを使用して2週間で、目に見えて筋肉に変化がありバルクアップしました。

2chユーザー

サイクル2週目です。 1日4粒200mgで効果ありの副作用なし。体は順調に大きくなっています。クロミッドなどのケア剤と一緒に適切に使用すると、副作用の心配もないでしょう。

2chユーザー

オキシポロン4回目のリピートです。これまで副作用なく使えてます。念のため、オフサイクル中にシリマリンとクロミッドを摂取しています。体脂肪率の増加なしで、1ヶ月で3kgの体重が増加しました。筋肉量は間違いなく増えていると思います。

2chユーザー

25mgの摂取を始めてみました。
2week 50mg 1錠
3week〜100mg 2錠
と摂取量を徐々に増やして様子を見ながら使用しました。
特別な副作用もなく、無事にすべて飲み終えサイクル終了。あえて言うなら、たまに筋肉が釣りそうになったことでしょうか。副作用か、筋力トレーニングによるものなのかはわかりません。初めてのアナボリックステロイドでしたが、これほど効果が出てくれるとは想定していませんでした。次は2個購入する予定です。回復期間を終えて、早く次のサイクルに移行したいです。

2chユーザー

最初の週には、50mg(25mgを朝夕)、以降は100mg(朝と夕方50mg)でサイクルをこなしています。これまで目立った副作用がなく、スムーズに筋量upしています。

Twitterユーザー

オキシポロンを使いはじめてから体重増加が凄い。1ヶ月で10kgの体重増加に成功しました。10kg増えたと同時に体脂肪も少し増えましたが、筋肉が増えているのは間違いないです。オフサイクルで脂肪を落として理想の体に仕上げたいですね。

Twitterユーザー

1日50mgを服用して30日でかなりの筋肉つきました。自己流筋トレで20年ほどしていますが、短期間にこれだけの筋肉がついても大丈夫?と思うほどつきました。ステなしと比べると圧倒的な効率です。

Twitterユーザー

3ヶ月間、一日1~3錠オキシポロンを飲み、ジムでトレーニングを週3回続けた結果、かなりの筋肉量を増やすことができたと思います。会う人会う人全員にすごい体ですねと言われています(開始する前に言われたことはなかった)。同時に糖質制限もしていたので、普通に食事をしている時より脂肪が少なく、筋肉が目立ったということもあるかもしれないですけどね。

Twitterユーザー

シリマリン飲みながら朝昼夜0.5錠ずつ、1日1.5錠飲み続けてみました。特に副作用なく過ごせました。あまり筋トレに励んでいなかったのですが、腕の筋肉がすごいつきます。噂には聞いていましたが、オキシポロンはかなりの効果があり驚きました。

Twitterユーザー

夏休み一念発起筋トレを始めて、初めてオキシポロンを使いました。率直に言って効果の高さにびっくり。週3回のベンチプレスだけで、1ヶ月で筋肉量を5キロ増量することができました。目立つ副作用も特に感じられませんでした。肩周りや二の腕、大胸筋がパンパンに張ってきて、見た目の変化が非常に励みになりました。

もっと参考になるオキシポロンの口コミはこちら

オキシポロン(オキシメトロン)とは?

オキシポロンは、Oxymetholone(オキシメトロン)として知られ、スポーツ選手やボディビルダーによって広く使用されている人気のある同化ステロイドホルモンです。

強力ですばらしい効力を持っているのでオキシポロンは人気があります。欠点は、いくつかの深刻な副作用があり、肝臓に有毒になる可能性があるということです。

歴史

1959年に、科学雑誌はこのステロイドを最初に述べました。Syntexと呼ばれる製薬会社はオキシメトロンを販売し始め、それにAnadrol-50(アナドロール)と呼ばれるブランド名を付けました。この薬はファイザーの子会社であるParke David&Coによって製造されました。

この薬は感染症と戦うために医療分野で使用されるようになりました。貧血、筋肉消耗性疾患、老人性疾患のある患者の治療に使用されました。これまでのところ、この薬の最も一般的な用途は、貧血を治療することでした。これは、ヘモグロビン産生を促進するのに役立つ体内の赤血球数を増やすためです。

今日では、この薬は陸上競技で筋肉を強化するために使用されており、ボディビルダーによっても使用されています。

オキシポロン(オキシメトロン)の効果とは?

オキシメトロンの主な利点の1つはそれが赤血球の生産を促進でき、それがまた激しい運動によって影響を及ぼされる接合箇所を保護するのを助けることができることです。この同化ステロイドホルモンを取り入れることによってあなたが解決しているときより重い負荷を押すことができます。

ボディビルダーはこの薬を使って窒素の保持とタンパク質合成のレベルを改善することができます。それは彼らがそれが彼らがそれがより効果的な筋力トレーニングを実行することを可能にます。そして、彼らが以前に経験したかもしれない疲労を持たずにもっと激しいトレーニングに参加できるようになります。

オキシメトロンはより強力なステロイドのひとつで、トレーニング前の薬としてよく使われます。それはまた激しい持ち上げの間に起こる傾向がある筋肉の引き裂きを防ぐのを助けることができます。

医療分野では、ステロイドは栄養失調または発達不足の人々に処方されます。なぜなら、それはこれらの人々の筋肉成長を促進するのを助けることができるからです。また、骨粗鬆症や貧血を患っている患者の治療にも使用されます。

オキシポロン(オキシメトロン)の副作用

オキシメトロンがユーザーに運動利益またはいくつかの医学的利益を提供することにおいていくつかの利点があるという事実にもかかわらず、どんな同化ステロイドホルモンにもあるように深刻なリスクがあります。あなたがこのステロイドを試す前に知っておく必要がある危険性のいくつかはここにあります。

一般に、同化ステロイドホルモンを使用すればするほど副作用および危険はより極端である場合もあります。あなたがリスクを最小限に抑えるためにごく短時間だけそれを使用することを同化ステロイドホルモンの使用を決定した方が一般的には良いです。

このステロイドは肝臓に有毒であり得、そして個体がアナドロール周期にあるとき、それらはそれらの肝臓上に形成する嚢胞を有し得る。周期が終了した後、これらの嚢胞は通常自分自身で消えますが、嚢胞が残っている場合、それらはまた癌性になる可能性があります。

あなたが長期間このアナボリックステロイドを使用するならば、これらの嚢胞のために一般的な結果の1つは肝臓癌です。あなたが肝臓癌を発症する可能性を大幅に減らすので、非常に短期間だけオキシポロンを使用することが非常に重要であるのはこのためです。

あなたが何らかの種類の心臓病または心臓病の家族歴を持っているならば、あなたはオキシポロンを服用してはいけません。

個人が同化ステロイドホルモンを使用するときあなたは彼らの血流中の脂質レベルを上げることができます。ステロイドを継続的に使用すると、心臓病の可能性が高まります。

オキシポロンは非常に強力なステロイドなので、浮腫、心臓発作、動脈硬化の可能性を大幅に高めます。あなたがどんな高血圧を持っているか、どんな種類の心臓の問題のためにでも薬を飲んでいるなら、あなたはこのステロイドを使うべきではありません。

その他のリスク

オキシポロン(オキシメトロン)は体内のエストロゲンを増加させる可能性があるので、これを防ぐために抗エストロゲンサプリメントや薬を服用する必要があります。

水の保持

あなたがこのステロイドを服用するとき、それは水分保持を引き起こすので、あなたはかなり肥大化しているのを感じるかもしれません。このステロイドを服用するときには、血圧に注意を払う必要があります。あなたが店頭で買うことができる利尿薬は、これと同様に抗エストロゲン薬と戦うのを助けることができます。

身体の問題

あなたがこのステロイドを服用するなら、加速された脱毛およびより多くのにきびを経験するかもしれません。一部の人では、深刻なにきびと男性型脱毛症の加速に苦しむことがあります。あなたがこれらの状態になりやすいならば、あなたはそれをこのステロイドに服用してはいけません。

テストステロンの抑制

この薬はテストステロンがするのと同じタンパク質に結合し、あなたの体はテストステロンの生産を停止します。あなたは低テストステロンの問題を回避するためにテストステロンの維持投与量を使用する必要があります。低テストステロンの症状には、うつ病、性欲減退、疲労、およびEDが含まれます

オキシポロン(オキシメトロン)使い方・サイクル

あなたはオキシポロンの任意の投与量を服用する前に医療従事者に話すことが重要です。

一般に、初心者は毎日25から50mgを摂取したいと考えています。1日1錠のステロイドで筋肉量と筋力が大幅に増加するのに十分なはずです。初心者としてこの用量を超える必要はないはずであり、それはお勧めできません。

中間使用者はおそらくこれを超える必要なしに毎日約50〜100mgの薬を服用するでしょう。中級レベルのほとんどのユーザーは、この量のステロイドを摂取すれば素晴らしい結果が得られます。

上級ユーザーは、ステロイドを100mg以上摂取します。100mg以上のオキシメトロンを摂取している人もいますが、このレベルのステロイド使用量を超えることをお勧めしません。

まとめ

オキシポロンは、医学的および身体的増強の両方に非常に効果的なアナボリックステロイドになります。他のタンパク同化ステロイドホルモンの使用と併用する場合は、適切に訓練された医療専門家に相談し、オキシポロンと他のステロイドを併用する前にメリット・デメリットについて理解することが重要です。

参考文献

17α-アルキル化されたアナボリック-アンドロゲンステロイドであるオキシメトロンのレビュー

Clinical Therapeutics Volume 23, Issue 6, June 2001, Pages 789-801

背景:オキシメトロン(17β-ヒドロキシ-2-[ヒドロキシメチレン]-17-メチル-5α-アンドロスタン-3-オン)は,17αアルキル化アナボリック‐アンドロゲン性ステロイドおよびテストステロンの合成誘導体である。赤血球産生低下による貧血の治療薬として米国食品医薬品局に承認されている。

目的:本レビューはオキシメトロンの薬物動態,現在および将来の臨床応用,および副作用を要約する。関連する試験はMEDLINE®から2001年3月までの検索を用いて特定し、会議の要約および発表によって補足した。

結果:オキシメトロンは蛋白同化作用を有することから,HIV関連消耗,アンチトロンビンIII欠乏症,小児の成長障害,および心筋障害の治療についてさまざまな程度の成功率で研究されている。肝毒性はオキシメトロンの使用に関連する主要な副作用であり、胆汁うっ滞性黄疸は最も重要な肝副作用である。アナボリック-アンドロゲン性ステロイドの使用に関連した比較的まれな肝臓の副作用には、肝臓紫斑病および肝腫瘍の形成がある。すべてのアナボリック-アンドロゲン性ステロイドは,ざ瘡,多毛症,脱毛,陰核/陰茎の拡大,声の変化,勃起組織の刺激,女性化乳房,無月経,性欲および性的能力の変化などのアンドロゲン性副作用を引き起こしうる。

結論:多くのアナボリック‐アンドロゲン性ステロイドの場合と同様に,1960年にオキシメトロンが承認される前に実施された薬物動態学的および忍容性試験はほとんどなかった。しかし、注意深く監視すれば、貧血を有する選択された患者にとって適切な治療選択であることが証明されている。

オキシメトロンは進行したヒト免疫不全ウイルス(HIV-1)感染患者の体重増加を促進する

British Journal of Nutrition Volume 75, Issue 1 January 1996 , pp. 129-138

慢性悪液質を伴うヒト免疫不全ウイルス(HIV感染者)患者の体重増加および一般全身状態に対する,テストステロン誘導体オキシメトロン単独またはH1受容体拮抗薬ケトチフェンとの併用(TNFα)の効果を,30週間の前向きパイロット試験で評価した。

30人の患者がオキシメトロン単独療法(n14)またはオキシメトロン+ケトチフェン(n16)のいずれかにランダムに割り付けられた。治療を受けた患者を、同じ登録基準を満たした非治療のマッチさせた対照群30例と比較した。治療に対する反応を評価するために,体重と日常生活動作を行う能力を評価するカルノフスキー指数,およびいくつかの生活の質の変数を測定した。

ピーク時の平均体重増加量は、オキシメトロン群(P<0·0.001)で8.2(SD 6.2)kg(試験登録時の体重の+14.5%)、併用群(P<0·005)で6.1(SD 4.6)kg(+10.9%)であったのに対し、非投与対照群では1.8(SD 0.7)kgであった。ピークまでの平均時間は、単独療法群で196週間、併用療法群で20.8週間であった。カルノフスキー指数は投与前56%から投与20週後67%まで両群で同等に改善した(P<0·05)。生活の質の変数(日常生活動作、食欲・栄養)は,治療した患者のそれぞれ68%(P<0·05)と91%(P<0·01)で改善した。

オキシメトロンは進行したHIV‐1感染の悪液質患者において安全で体重増加を促進した。ケトチフェンの添加は体重増加をさらに支持しなかった。これらの結果は,ランダム化二重盲検プラセボ対照多施設試験の必要性を示唆する。

CAPD患者の血液学的パラメータおよび筋肉量に対するオキシメトロンとエリスロポエチンの併用の有効性

International Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics 01 Dec 2010, 48(12):803-813

CAPD患者の血液学的および筋肉量に対するアンドロゲン性ステロイドであるオキシメトロンとrHuEPOの併用の効果を明らかにする。

方法:二重盲検プラセボ対照実験研究を6か月間実施し,24例のCAPD患者を二つの群に分けた。治療群(n=11)はrHuEPO+経口オキシメトロン(50mg/錠,1日2回)を投与された。プラセボ群(n=13)にはrHuEPOとプラセボを1日2回投与した。患者の血液学的パラメータの進化と筋肉量に対する薬物の影響を評価した。

結果:治療6か月後,治療群のヘマトクリットとヘモグロビン値はプラセボ群と有意に異なった(38.1±1.0%および32.8±0.9%、p=0.001;ヘマトクリットおよびヘモグロビンについてそれぞれ12.9±0.3 g/dlおよび11.0±0.3 g/dl、p=0.001)。投与群で観察されたヘマトクリットおよびヘモグロビン値の増加は、プラセボ群よりも統計学的に大きかった(p<0.01)。6か月後,身体測定パラメータ,アルブミン,蛋白質または除脂肪体重レベルのいずれも,プラセボ群ではベースラインと有意差がなかった。反対に,身体測定パラメータの大部分,アルブミンおよび除脂肪体重レベルはオキシメトロン群で有意に増加した(p<0.05)。オキシメトロン群の平均体重は63.82±2.71から67.02±3.26 kg(p=0.001)に変化した。治療群の7名の患者(63.6%)の主観的総合評価スコアは正の様式で変化した。主な副作用は肝酵素の上昇であった。

結論:オキシメトロンはrHuEPOの赤血球造血作用を有意に増強し,CAPD患者の栄養状態を改善する。しかしながら,肝酵素の有意な増加は注意深く監視する必要がある。

高齢男性における筋肉および代謝に対する経口アンドロゲンの影響

Am J Physiol Endocrinol Metab. 2003 Jan;284(1):E120-8. Epub 2002 Sep 24.

高齢者においてオキシメトロンが除脂肪体重(左脚)と骨格筋力を増加させるかどうかを決定するために,65~80歳の男性31人を無作為にプラセボ(グループ1),50mg(グループ2)または100mg(グループ3)/日,12週間投与した。

全LBMはそれぞれ0.0+/-0.6,3.3+/-1.2(P<0.001),4.2+/-2.4kg(P<0.001)増加した。体幹脂肪は,1群,2群および3群でそれぞれ0.2±-0.4kg,1.7±-1.0kg(P=0.018)および2.2±-0.9kg(P=0.005)減少した。2つの実薬群における8.2+/-9.2および13.9+/-8.1%の二軸胸部圧迫に対する1反復最大(1-RM)強度の相対的増加は,プラセボ群に対する変化(-0.8+/-4.3%)と有意に異なった(P<0.03)。

緯度プルダウンに対し,1‐RMは,群に対しそれぞれ-0.6+/-8.3,8.8+/-15.1,および18.4+/-21.0%変化した(1方向分散分析、P=0.019)。LBMと上半身強度に対する群間の変化のパターンは,変化が用量に関連している可能性を示唆した。アラニンアミノトランスフェラーゼは3群で72+/-67U/l増加し(P<0.001),HDLコレステロールは2群と3群でそれぞれ-19+/-9と-23+/-18mg/dl減少した(P=0.04およびP=0.008)。

このように,オキシメトロンは高齢男性においてLBMと最大随意筋力を改善し,脂肪量を減少させた。

雄ハムスターでよく用いられるアナボロン-アンドロゲン性ステロイド(メソクリセトゥス・アウラトゥス)の脳室内投与:ナンドロロン、ドロスタノロン、オキシメトロン、スタノゾロール

Behav Neurosci. 2005 Jun;119(3):752-8.

著者らによる以前の研究は,ハムスター(メソクリセトゥス・アウラトゥス)における自発的な脳室内(icv)テストステロン自己投与を示した。ここで著者らは,4種類の蛋白同化ステロイド(ドロスタノロン、ナンドロロン、オキシメトロン、およびスタノゾロール)のicv自己投与を,それぞれ8日間,0.1,1.0,および2.0μg/μlで比較した。

男性(n=8/グループ)は,経口活性アンドロゲン(オキシメトロン、スタノゾロール)と比較して注射可能ステロイド(ドロスタノロン,ナンドロロン)に対するオペラント行動の最高レベルを示した。ナンドロロンでは,活動性および非活動性の鼻‐口での反応はそれぞれ平均22.3+/-4.6/4時間および10.7+/-2.0/4時間であった。ドロスタノロンに対する反応は同様であった。

オキシメトロンまたはスタノゾロールを自己投与した男性は,活性鼻ツボを好まなかった。これらのデータは、注射用アンドロゲンが経口ステロイドよりも強化作用が強いことを示している。